國學院大學推理小説研究会

読書好き國大生のユルい集まりです。週2回、主にミステリーで語らっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

例会報告

丸太町ルヴォワ―ルと私達が星座を盗んだ理由収録の終の童話のネタばれがあるので未読の方は注意してください。

一学期中の例会について一応記録しておきたいと思います。6月19日の例会は北山猛那氏の『私たちが星座を盗んだ理由』より「終の童話」、7月3日は円居挽氏の『丸太町ルヴォワール』について読書会をしました。

「終の童話」に関しては度々『私たちが星座を盗んだ理由』に収録されている他の話に脱線しましたが、リドルストーリーならではの白熱した議論が交わせたのではないでしょうか。僕は「夜明けは近い」という言葉から夜を過ぎると使えなくなるあの雫を用いて石像を戻す選択をしたのではないかと決めてかかっていたのですが、よくよく見てみるとそれを否定する材料になりうる描写もあるのですね。

続いて『丸太町ルヴォワール』は叙述トリックのオンパレードでしたね。瓶賀が女性だと判明したあたりで油断していたので結末の辺りは完全に予想外でした。まあ龍樹八俣という名前が急に出てきたりと反則技みたいなところもありましたけど、伏線の数々が上手く機能していてやられたという感じでした。あと結構良い話だったなあと。何でもこのシリーズあと三作あるんですよね。文庫化していないけど買ってみようかな。
それではオ・ルヴォワール。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/05(月) 20:21:04|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

はやみみ

Author:はやみみ
國學院ミス研のブログです。
※公認サークルです。

随時会員募集中!!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。